経理をしていて株を始めるときはクボタなどの銘柄から

経理をしていると様々なお金のことを取り扱うことになりますから、嫌でもお金の流れのことについて知識がつくことになります。
そして、有価証券類の取り扱いなどをする場面も出てくることですが、近年の株式市場の活性化も相まって経理で投資に興味を持って株を始めてみたいと思う人も増えてきています。

そのような経理から株に興味を持ったという人はまず、クボタのように国内の大企業から投資をしてみると良いでしょう。
クボタは農業機械、鋳鉄管の国内トップであり企業の規模としてもかなり大きなものとなっています。
業績も堅調でここ最近は大きく株価を伸ばしていることから、始めて投資をする時に購入しやすい銘柄となっています。

クボタは株価も2000円に届かないぐらいであるため、20万円程度のお金があれば購入をすることができ配当も出る銘柄であるため多少株価が下落をしていても、配当をもらいながら長期保有をするということもしやすいものとなります。
配当も出なくて、企業としての規模も小さく経営が不安定な銘柄というのは保有していても、そのまま値を下げていってしまう恐れもありますし、配当も出ないのであれば値下がりすればその分だけ損失にしかならないということになります。
規模が小さければ企業としての信頼も少ないということになるので、最悪の場合倒産ということになってしまいそうなってしまうと価値がゼロになってしまいます。

しかし、クボタほどの規模の企業ともなれば簡単に倒産ということは考えにくいものとなりますし、仮にそのような状態になるにしてもそれまでにいくらでも逃げ場となる部分が存在するので始めて投資をする場合でも、投資をしやすいといえるのです。